COORDINATE

GIRLS HAKAMA column

先生の為の袴レンタル|生徒たちの為に特別な装いで・・・

先生の為の袴レンタル|生徒たちの為に特別な装いで・・・
卒業式に袴を着るのは生徒だけではありません。
先生たちも、生徒たちを見送る側として袴姿で式に出席しようと 袴をレンタルする先生方が多くいらっしゃいます。
卒業する生徒達だけでなく、先生たちにとっても、卒業式という日が特別な日であること がひしひしと伝わってきます。
生徒たち以上に、卒業式の為の準備に手を取られる忙しい先生たちの為に、 ネットレンタルのメリットと、先生たちにおススメの袴コーディネートをご紹介していきたいと思います。
是非、参考にして下さいね。

先生が卒業式に袴を着るのはなぜ?sub title

生徒たちにとって、卒業式が感慨深いものであると同時に、先生達にとっても卒業式という日は大切な一日であることは間違いありません。
一緒に過ごした年月には、嬉しかったことや、悲しかったことなどたくさんの思い出がよみがえってくるのではないでしょうか?
教育者という立場において、指導するという事がどれほど大変で責任の重い事なのかを、 社会に出て身をもって知らされます。
学生生活を何不自由なく過ごせていたのは、先生たちの支えがあってこそではないかと思います。
そんな先生達ですから、大切な生徒たちの門出の日をきちんと見送りたいと思うのは自然の事だと思います。
式服の中でも格上とされている袴で、先生たちの多くが「生徒たちの為に袴を着る」という思いが強く、袴をレンタルしているそうです。
また、袴は元々、明治時代の女学生が着ていた制服で、厳格なイメージが強く、学び舎である学校という場においては、一番厳格で特別な装いであることは、間違いありません。
生徒達と過ごす最後の日、先生たちにとっても特別な日であるからこそ、正装である袴で式に臨むのでしょう。

先生と生徒の卒業式袴選びの違いとは?sub title

生徒たちにとっては、袴選びは、オシャレで可愛くて人気のある、最先端の物を選ぶ傾向にあります。
20代の若い世代ですから、デザインや色など特に制限もなく好きなものを選ぶ事ができます。
しかし、先生たちは違います。
あくまで教育者としての立場をしっかりと守り、見送る側として服装にもTPOが必要です。
では先生たちが、袴を着るときに気をつけなければいけない注意点とは何でしょうか?
袴に組み合わせる着物には、「色留袖」「小振袖」「訪問着」「色無地」が一般的です。
先生の立場に応じて、着物も着るものが変わってきますが、クラスを担任している先生方であれば、袴に合わせる着物は、「小振袖」か「訪問着」か「色無地」が良いでしょう。
一点注意しなければならないのが、「小振袖」を合わせる場合です。
「小振袖」に関して言えば、未婚女性が着る着物ですので、注意が必要です。
また、「小振袖」と「訪問着」は柄つけの派手なものがありますので、選ぶ際にはオシャレ着のようなデザインは避けるようにしてください。 落ち着きのある、上品な色合いのものを選ぶと良いでしょう。
なお、紋の位は、上から順に「五つ紋」「三つ紋」「一つ紋」「無紋」の順番となっており、 担任を受け持つ先生方なら、「一つ紋」か「無紋」を選ぶようにすると良いです。
先生方の立場に応じて、格式のある装いが求められることになりますので、その点を注意しながら袴を選んで下さいね。

先生におススメの上品な袴コーデBEST3sub title


では、先生方にはどんな袴のコーディネートが良いのでしょうか?
厳粛な式典でもある卒業式にふさわしい装いをご用意いたしました。
是非、参考にして下さいね。

【着物】白地に紫雪輪花


+

【袴】フカミドリ

【着物】白地に紫雪輪花+【袴】フカミドリ

袴レンタルをする先生にふさわしい白地紫雪輪の着物と深緑袴のコーディネートです
Point
清潔感のある白地に、雪輪花が上品で大人の印象を与えます。
シンプルなデザインながら、品のあるコーディネートが実現可能。
深緑のシックな色合いとの相性は抜群。
卒業式にピッタリのおすすめコーディネートです。

【着物】ベイジュピンクに洋花


+

【袴】紺地ボカシのバラ刺繍

【着物】ベイジュピンクに洋花+【袴】紺地ボカシのバラ刺繍

女性らしい落ち着いた雰囲気のある袴スタイルになります。ベージュ地に洋花の着物と紺地袴のコーディネート
Point
ベージュの落ち着いた色合いには、ピンクの洋花で柔らかく女性らしい雰囲気に。
紺地のグラデーション袴を組み合わせることで、洗礼されたコーディネートに。
上品さと教養の高さ思わせる組み合わせです。

【着物】黒地に紫しだれ桜


+

【袴】深緑友禅しだれ桜

【着物】黒地に紫しだれ桜+【袴】深緑友禅しだれ桜

上品で目を引く袴スタイルです。黒地に紫枝垂桜の着物と深緑袴のコーディネート
Point
シックな黒地に、淡く咲き誇る枝垂桜が印象的。
パッと目を惹く上品なデザインの着物と、深緑の袴を組み合わせると
大人の品格のあるコーディネートが出来上がります。
まとめ
生徒達とは違った視点から袴選びをする先生達。
卒業式は先生たちにとっても、生徒たちにとっても特別な一日であることには間違いですね。
生徒達と過ごす最後の一日。
素敵な思い出を生徒たちと作ってくださいね。

合わせて読みたいコラム一覧sub title

#