COORDINATE

GIRLS HAKAMA column

卒業式当日に慌てたくない!!前日までに準備しておく事とは?

卒業式当日に慌てたくない!!前日までに準備しておく事とは?
卒業式に向けての準備は順調ですか?
たった一度の大切な日、卒業後には新しい新生活をスタートさせる方がほとんどでしょう。
ご友人との思い出作りと、学生生活に幕を閉じる記念すべき一日をスムーズに送りたいものです。
そこで、大切なのは卒業式前日までに準備を完璧に済ませておくことです。
卒業式を迎えるまでには、就職活動や、卒業論文などやらなければいけないことが目白押し。
だからこそ、卒業式の準備に手が付けられないという方の為に、簡単に卒業式までにやっておく事リストをご紹介します。
当日には準備を完璧にしておくことで、より卒業式当日、気持ちに余裕が生まれ楽しい一日を過ごせるでしょう。
是非、参考にして下さいね。

卒業式前日までに準備しておく事sub title

卒業式前日までに準備しておく事

卒業式に出席する際、どんな衣装で出席するかによって準備するものが変わってきます。
もし、袴姿で式に出席する場合、袴をレンタルするところから卒業式の準備が始まります。

①袴をレンタルする場合

卒業式に出席する場合、袴をレンタルしなければいけません。
袴のレンタル方法としては、店舗や展示会などに足を運んで、袴をレンタルする方法と、インターネットで宅配レンタルを利用する方法の2種類に分かれます。
まず、店舗や展示会での予約の場合、早いもので7月~8月末にレンタルが集中します。
新作や、人気の袴は予約が集中しやすく、この時期に予約が埋まってしまう場合があります。
4月頃から、新作の袴を引き下げて、展示会などが行われますので、オシャレな袴を押さえたい方は、早めにチェックしてくださいね。
次に宅配レンタルを利用する場合ですが、こちらは時間に余裕がない方や、店舗に行きたくないという方におススメです。
お気に入りの袴を見つけたら、ネットで予約するだけで宅配にて、自宅に袴が届く仕組みになっています。
返却もクリーニングする必要がなく、宅配で送り返すだけでOKですので、簡単便利と、ネット宅配レンタルの需要が増えてきています。
1点注意が必要なのが、店舗でレンタルする場合だと試着することができますので、実際に現物を目にすることができますが、ネットでの注文となると、現物を目にするのが、卒業式の前々日あたりとなります。
袴が自宅に届いてから、現物の確認となるので、想像していたものと違っていたということにもなりかねません。 ご自身に合ったレンタル方法を選んで下さいね。

②ドレスや、スーツで式に出席する場合

こちらの2点は比較的に準備がしやすく、ドレスの場合だと、レンタルか購入となります。
卒業式後に謝恩会に出席することを考えている方は、ドレスで卒業式に出席した後、そのまま謝恩会へ出席できるので、便利です。
スーツの場合は、リクルートスーツを利用すると良いです。
シャツをオシャレ着に変えることで、雰囲気の違ったコーディネートが楽しめます。
どんな衣装で出席するかによって準備するものが変わってきますので、早めに準備しておくと安心ですね。

美容室の予約はお早めにsub title

容室の予約はお早めに

当日にどんな衣装を着るかが決まれば、次に必要なのが美容室や、着付けの予約です。
卒業式は大規模な式典でもあり、複数の学校と日時が被ってしまう場合があります。
卒業式の会場から近い美容室などは、予約で埋まってしまいますので、 袴をレンタルすることを決めたら、早めに美容室や着付けの予約は押さえておきましょう。
また、袴レンタルを店舗で行っていた場合、着付けとヘアセットが一緒になっているプランがあります。
その場合ですと、別で、美容室や着付けの予約がいりませんので何かと便利です。
ネットで袴をレンタルする場合は、美容室と着付けの予約が必要になってくるので、事前に準備しておきましょう。
卒業式会場への交通の便もきちんと把握しておくと当日慌てずに済みます。
特に女性は、早朝から準備が必要になりますので、しっかりと事前の準備をしておきましょう!!

卒業式のスケジュール確認は前日にsub title

卒業式のスケジュール確認は前日に

予約の手配がすべて整った状態になったら、前日に確認しておくのは、当日のスケジュールです。
早朝から、着付けや美容室の予約を入れている方がほとんどでしょうから、前もって時間の確認と、会場までの交通機関の確認をしておきましょう。
早い方で、7時ごろには美容室の予約や着付けが必要ですので、前日は早めの就寝を。
卒業式当日は、思いっきりご友人との思い出作りにいそしんで下さいね。
まとめ
いかがでしたか?
卒業式までに準備が必要な事、卒業式の当日のスケジュールの把握、この2点をしっかり抑えておけば、卒業式を安心して迎えられます。
学生生活最後の大切な日。
ご友人と楽しい思い出をたくさん作って下さいね。

合わせて読みたいコラム一覧sub title

#